FURYU

- official blog -

揚羽蝶の女紋


シッブ〜いのが好き。

sukueact

sukueact (1)

黒留袖。
着物のリメイクで一番使われる着物で、
おめでたい席で着る既婚女性の礼装です。

おめでたいっていうんで、
鮮やか艶やか金銀ギラギラ。
そんなのがほとんどなんだけど、
僕はこんなシッブ〜いのをよく使う。

この着物、
葉のシュッとした感じと可愛らしい花が好き。
色合いもシブくていい感じ。



sukueact (2)

sukueact (3)

結婚披露宴に出席される予定のお客様に、
披露宴で着ていても失礼にあたらないワンピース感覚の羽織モノ。
というご注文を頂きお仕立てさせて頂きました。

後ろ中心には得意の暗く儚いアップリケ。

・・・アップリケって言葉なんか照れるんだよなー。
何か他にいい呼び名ないんだろか。



・・・話を戻すんだけど、
黒留袖には後ろ中心にひとつ、
後ろ袖にひとつずつ、
前身頃の胸にひとつずつ、
計5個の染め抜きの日向紋をつけるのが正式。

でもコレ見て・・・、

sukueact (4)

揚羽蝶の女紋だって・・・。
初めて見た。
あの平家が使ってた家紋らしくて、
平家の末裔を自称していた織田信長も使ってたみたい。

オシャレ〜。





< 以下wikipedia『家紋』より『女紋』部分を抜粋 >

主に畿内(関西地方)を中心とした西国において普及している風習の1つである。女紋とは実家の家紋とは異なり女系から女系へと伝える紋章のことであり、実家の家紋とは意匠も由緒も異なる。関西の商家では外部から頻繁に有能な入婿を迎えて家を継がせる女系相続が行われたため、自然発生的に女系に伝わる紋が生まれたといわれる。特に近畿地方の商家においては「家紋が一つしかない家は、旧家とは言わない」ともいい、代々の女紋を持つ家は相当な旧家として敬意を持って遇されることが多い。関東をはじめ関西以外ではこの風習は希であり、女紋という文化のないところでは婚姻に際し、習慣の違いからしばしば難色を示される場合もあるという(嫁いだのであるから当家の家紋を用いるべきという理由)。現在でもこの風習は根強く残っている。
家同士の婚姻が主だった時代、女性が嫁ぐ場合に婚家に女紋をもっていく例もみられる。女紋の意匠は主に家紋を基にしているが、やや女性らしいものが多い。女性が留袖に実家の家紋を用いる例が多くみられるが、女紋を継承している場合は女紋で留袖をつくる。





ボトム重心


ボトムスに重心を置く事が断然多い僕のデザイン。

kirikaetakku

このパンツも、
合わせるカットソーやブルゾンなんかを、
比較的タイトにまとめるとカッコいい。
と思っています。


ん〜・・・、
やっぱ柄がいいなー・・・この着物。
こんな素敵な着物だから、
柄の配置に気を使わなくても、
ぐぐっとオシャレに見えるパンツに仕上りました。

洋服でも、
こんな柄のパンツがあっても売れると思う。
だけど、
オリジナルのテキスタイルを生産して、
思いのままに柄を配置するのって、
コストやら・・・なにやら・・・かにやら、
けっこう色々と大変なのです。

そういった意味では、
こんな素敵な柄を存分に活かせるのは、
着物リメイクの醍醐味なのかも知れません。





ラメ刺繍


あーもう・・・、
着物の状態で撮るの忘れちゃったよ。



rameshisyuu

程良くシボの深い黒の縮緬に、
ゴールドやらシルバーやら色んな色のラメ糸で、
草花と鳥を刺した付け下げを解きました。

オシャレだと思いません?

何作ろうか、
いつ作ろうか、
寝かせて寝かせて寝かせっぱなしだった着物。

特別高価な着物じゃないんだけど、
ラメ糸の色使いとこの柄、
この着物をデザインした人のセンスの良さを感じずにはいられない。

残念ながら、
着物として着られる程の状態ではなかったんだけどね、
きっと粋に着こなしたらカッコいいだろうな〜、
って。



でもね、
美しいものにはトゲがあるとかなんとか…、





rameshisyuu (2)

裏がこんなですわ。

ええ、リメイクには向いてませんとも。





尻の下にもジャポニズム


いきなりのボケピン写真ごめんなさい。

zabuton

zabuton (1)

帯のクッション2種類と、

zabuton (2)

綸子の座布団作りました。

一番上の帯なんて実は500円。
骨董屋さんの帯の山に埋もれてたのをピックアップ。

このくらいだったら、
家庭科の経験だけで簡単に作れるでしょ。


いかが?



洗濯


sentaku

sentaku (1)

綸子と紋縮緬の羽織、計4枚。
洗濯の後の乾燥工程です。

汚れを落とすのと生地を縮める為に洗うのですが、
僕はほとんどのものを洗濯機で洗います。

水に通すと、
ショウノウという防虫剤が反応して、
強烈な臭いが室内に充満します。

この後、
アイロンで綺麗に伸ばすんだけど、
絹は水に通すと生き返る。
ってのを毎回実感します。



しかし、
どんだけ黒だよ、
って感じだよね。



 
 
最新コメント
WEB SHOP
ブログランキング
皆様の応援クリックで、僕の創作意欲がガッチリ上昇します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ

人気ブログランキングへ
月別バックナンバー
記事検索
当ブログの作品・デザイン・画像等の、模倣、盗用、転載、複写等を固く禁じます。
  • ライブドアブログ