・・・というワケで、
『ART GARDENER vol.2』で提供させて頂いた計8体の作品羅列でした。

前回も思ったけど、
今回も自分の甘さが光るなー。

ああしたい、
こうしたい、

っていうのを、
全部表現しきれない。

制限時間と向き合って、
その中で出来ることをやってきたのだけど、
やっぱり、

もっと出来た、
もっと時間を作れた、

と反省してしまう。


それが、

甘さなのか、
妥協なのか、
そういうものなのか、

答えは見つからないけど、

夢中で服を作り、
満足してフィナーレを向かえ、
達成感一杯でいつもの日々に戻った。


そして・・・この気持ち。


甘くないね、

それが服作りの面白いトコでもあるんだけど。