キャンプ行って来ました。

混雑を避けるため、
毎年天気と都合の良い平日に代休を取って、
ここ数年通い続けているお気に入りの場所へ。

湖畔に面したここのサイト、
湖のすぐそばにテントを設営でき、
いかにも北海道な景色を思い切り楽しむことができます。

ここの湖、
午前中は凪ぎになることが多く、
風の音が静かになったとき、
湖面の鏡が空や山々を映し出す。

20110805 (1)

こんな景色を間近に、
淹れるコーヒーは格別。

・・・例えインスタントでも。



ここのキャンプ場の特徴は、
とにかくロケーションが良いということと、
キャンプ慣れした人々が多いということ。
そして、
道外からの常連連泊キャンパーが多い。

実際、
今年も僕の周りは常連さんばかり。
僕も含め皆さん毎年通い続けているそうだ。
なので、
『去年お会いしましたね』という再会も、
もちろんある。

外国の方々にも人気があって、
今回の僕の設営場所付近は日本人の方が少なかったほど。
ラフな格好の青年がアコギなんか弾いちゃって、
Jack Johnsonが隣にいるみたいだった。
『い〜〜〜ね〜〜〜』と僕達夫婦。
まるでカナダにいるような感覚だったなあ・・・。

・・・行ったことないけど。



better together/Jack Johnson



20110805 (4)

子供達も、
いつもと違った空気を楽しんでくれているみたい。



ゆっくりと広大な自然に遊んでもらっていると、
至福の時間を迎えることになる。
心奪われるサンセットだ。

20110805 (2)

僕の腕の悪い写真では、
この美しさをお伝えしきれないなあ。
とにかく、
空の紅に吸いこまれるような、
湖の蒼に引き込まれるような、
そんな感覚に陥ります。

この後、
日が暮れて天然プラネタリウムを見ることができるんだけど、
これも写真に収めるのが難しかった。
なので、
現地に行ってみてください。
圧倒されます。



夜明けから、
カヌーやサイクリングを楽しむ人が多いので、
必然的にサイトが静まり返る時間も早い。
9時くらいになるとひっそりとしてきて、
10時にはあちこちでいびきが聞こえ始める。
そんな夜更けもまたオツで、
家族が寝静まったあと、
僕はいつも決まって一人の時間を楽しむ。

20110805 (3)

なんか考えているわけじゃない、
なんかしているわけでもない、

なーんにもしない幸せ。

ウトウトしてきて一度カクッと落ちるのが寝るタイミング。
時計を見ずにシュラフへ潜り込む。

夜が明け、
美味しいコーヒーの後、
夜に雨の予報があったので、
ゆっくりと片付けをして、
予定より早く帰ってきました。

もうちょっといたかったけど、



気持ち良かったーーー。



ゆっくり羽根休めできたので、
さてさて、
ガッチリ働きまっせー。

そろそろウェブショップにも作品アップしなきゃだしね。

頑張りまっす!





---------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
皆様の応援クリックで、僕の創作意欲がガッチリ上昇します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ人気ブログランキングへ