最後はFURYU。

それぞれのアイテムについて、
詳しいことはすでにご紹介済みですので割愛しますね。

さてさて…、

artparadigm-2562

artparadigm-2666

artparadigm-2560

まずは1体目。

アンティークの黒留で<キモノスリーブVネックチュニック>は、
もはや鉄板です。
ウェブショップでのご注文数が、
ここにきてTOP。
大人気です。
今回は<変形巻きオーバースカート>と合わせて。


2体目は…、

artparadigm-2567

artparadigm-2576

artparadigm-2571

artparadigm-2767

artparadigm-2713

artparadigm-2748

<帯締めしぼりワンピ>。

背中が美しすぎる…。
国内ではもちろん、
海外で和風なワンピースをお召しになられたい方
からのご注文が一番多いのがこのアイテム。


次は…、

artparadigm-2681

artparadigm-2593

artparadigm-2603

artparadigm-2684

artparadigm-2688

artparadigm-2690

<ショールコート><マーメイドスカート>。

彼女のウォーキングが始まったとき、
会場の空気感が変わったのが裏にいた僕でも感じられた。
各アイテム拍手を頂いていたんだけど、
このアイテム、
いや、
彼女のときは、
拍手の中にどよめきが混ざった。

@道場のしほり先生の演出で、
FURYUのウォーキングは驚くほどゆっくり妖艶に歩くのですが、
彼女の場合ただゆっくり歩くのではなく、
人間が通常しないような動作が動きの中で一瞬入る。
ホント一瞬。
それがまるで人形のようで、
それに加えこのメイクと表情。

動作と表情で会場内を一瞬凍てつかせる、
そんな巧みの技に心底感動しました。

あー…思い出して興奮してきた(笑。



次ぎ行きます。

artparadigm-2613

artparadigm-2617

artparadigm-2627

artparadigm-2694

artparadigm-2664

4体目は<帯スクエアスタンドカラージャケット><巻きゴアードスカート>。

ジャケットは今回のショーで唯一の新作。
そして、
僕の一番好きなアイテムがこの4体目のコーディネート。
般若心経の帯がたまらん…。

でも、
一番好きでいて、
一番悔いの残ったコーディネートでもあったんです。

お客様やスタッフさんに聞いても、
あまり気にならなかったみたいだけど、
このジャケット、
モデルさんに対してあきらかなオーバーサイズ。
あと2サイズほど小さくしてタイトに着せたかったんだけどね、
それで仕立てちゃうと、
正直なところ販売が難しくなってくるので、
悩んで悩んだ結果がオーバーサイズ。
…って言っても普通のサイズなんだけど。
彼女が華奢なのです。

売れ残ってもいいから、
彼女のサイズで仕立てるべきだった…、
と後悔したのでした。



そしてそして最後は…、
artparadigm-2634

artparadigm-2639

artparadigm-2642

artparadigm-2752

artparadigm-2727

<アシメショールブルゾン><サロンベルト><ワイドパンツ>。

このアイテムに対する僕の想いは
すでにお伝えさせて頂いた通りで、
最後を飾るのに相応しいアイテムだったと自負しています。


この後、
フォーメーションウォーキングがあって…、

artparadigm-2678

artparadigm-2705

artparadigm-2695

artparadigm-2779

artparadigm-2707

artparadigm-2761

エンディングへ。





---------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
皆様の応援クリックで、僕の創作意欲がガッチリ上昇します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ人気ブログランキングへ