image

ひさしぶりのドレーピング。

ボディーを布で覆うと、
その布の落ち着き方は、
すべてほんとうに正直。

紙とペンだけじゃ絶対に創造できない、
理にかなった答えを教えてくれる。


僕ね、
この作業が何より一番好きなんです。



僕が学生だった頃、
パターンメイクの楽しさを十分に経験していたなら、
僕の夢はデザイナーではなく、
パターンナーだっただろう。