リノベーションした新しいアトリエでの初仕事は、
知人のお店のサロンのお直しでした。
どうも僕です。

毎朝桜前線のニュースを観る度、
日本が縦長であることを実感しますね。
当地釧路はまだまだ肌寒く、
開花予想は例年通り5月の中旬でしょうか。
だってまだスキー場営業してますから。
さすが北海道。



久し振りに作品を紹介させて頂きます。
定番キモノスリーブから3点を。

まずはお持込みのお着物から。

20160220 (1)

20160220 (2)

超安定の墨絵です。
カッコいいですねー。
大好きです。



続いて、
永遠の本命アンティーク。

20150924 (1)

20150924 (3)

20150924 (2)

色使いがとても素晴らしい一品となっております。
柄もこの上ないくらい素晴らしいです。
昇天しそう。



最後はお持込みの留袖。

20151201 (1)

20151201 (3)

20151201 (4)

20151201 (5)


これヤバイでしょ。
仮絵羽のものをリメイクさせて頂きました。
お客様と柄の配置についてお打ち合わせを重ね、
最終的にお任せ頂いたのですが、
これまでのキモノスリーブにはない、
新たなチャレンジに成功しました。

留袖のリメイクってあんまり得意じゃないんです。
柔らかい縮緬に刺繍や染料が乗ると、
そこだけが固くなるのでドレープには不向き。
柄がつながっているから配置も難しい。
などなど制約が多いんですね。

キモノスリーブの場合もそんな理由から、
ギャザー付近に固さのある柄の配置は避けていました。
なので、
留袖を使った作品のほとんどが、
お袖に柄を配置してあるのです。

それを覆したのがこの作品。
駒刺繍が多く比較的ハリのある雷神様を通常通りお袖へ、
駒刺繍が少なく比較的柔らかめの風神様をヒップ付近に配置。
デザインも柄の配置も、
アシンメトリーだと視覚的に斬新な印象を与えます。
これが良かった。
…と自画自賛。



自分で満足がいく作品をつくることができるって、
お客様へのサービスとしてとっても重要だし、
何よりめちゃめちゃ気持ちいい。



感謝!



WebShop
 http://furyu-remake.com/
Blog
 http://furyu.livedoor.biz/

---------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
皆様の応援クリックで、僕の創作意欲がガッチリ上昇します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ人気ブログランキングへ