留袖って、
刺繍多いし、
絵羽模様だし、
解いたら縫代に柄がなくて残念だし、
制約が多くて、
僕にとってはなかなか手強いお着物なのです。

が、
留袖の持つ独特で重厚な雰囲気って、
やっぱり留袖ならではで、
お着物がハマった僕の作品は、
留袖の恩恵を大いに受けて、
本来のポテンシャルを上回る作品へ昇華する。

このブログでも何度か綴りましたが、
留袖を選定する審美眼が何より重要。


15447484950560

この留袖、
皆さまにはどう映りますか?

おそらく、
…地味めな普通の留袖…かな。
柄は茶色っぽいし、
着るとやっぱり地味めな印象は免れない。
そして、
留袖の価値も高くない。
なので、
リサイクル市場ではなかなか売れないでしょう。
材料としても同じ理由で使われにくい。

でも、
僕にとっては貴重で愛おしいお着物なのです。

このお着物は、
<ボートネックロングテールワンピ>に
使用するのを想定して仕入れたもの。



15447484950971

ぐはーっ…、
…カッコいい。

ハンガーに掛けるとブサイクなので、
この素晴らしさをお伝えできませんが、
体入れるとめちゃめちゃカッコいいす。



お着物の価値ではなくて、
作品の材料としての審美眼。
これ大事。





WebShop
 http://furyu-remake.com/
Blog
 http://furyu.livedoor.biz/

---------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加してます。
皆様の応援クリックで、僕の創作意欲がガッチリ上昇します!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ人気ブログランキングへ