縫い目で途切れないように描かれた模様を、
着物では絵羽模様っていうんだけど、
リメイクでもその柄を活かすように仕立てる事がある。

元の縫い目をそのまま解かずに活かす場合は別として、
一度解いてからリメイクする場合は、
自分で柄合わせをしなくちゃいけない。

慣れないと思いのほか時間がかかるんだよね。



garaawase

ついさっき、
柄合わせをしていたときの写真です。

色〜んな方法を試してきて、
今僕が落ち着いている方法はこれ。

まず、
上に重ねる側の生地を出来上がり線で山折りして、
下側の生地の出来上がり線に合わせてながら柄を合わせる。
次に、
写真のように折り山からピンを刺して両方の縫代を固定。

で、
上側の生地を開いた状態がこれ。



garaawase (1)

中表になっているので、
後は折り線上を縫い、
縫代を好みの巾にカットするだけ。

簡単でしょう?


何故これを公開したかは、
ここにきて自分自身よくわかっていません。